ROOM297

kazahana87.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 29日

ES-1

e0093336_6391552.jpg

e0093336_639357.jpg

e0093336_6395264.jpg

e0093336_640840.jpg

e0093336_6444554.jpg

[PR]

by kazahana297 | 2010-01-29 06:40 | In addition
2010年 01月 25日

単位が足りない

e0093336_021432.jpg


大学時代 2回生から3回生にかけて 自宅から東方にある西宮のキャンパスにいるよりは
正反対の小野市や社市の野池で過ごすほうが多かった というか ほとんど毎日のように
バスフィッシングに興じていた私です 
4回生になって 受ける講義を選択して提出するのですが 前年までとは違い 
卒業に必要な単位を計算して 提出する必要があったのです 
ようく考えて提出した結果 野池に佇んで呑気に釣りに興じている場合ではないことに気が付いたのでした
単位が足りない つまり卒業できない このことは紛れも無い事実です
4回生になって毎日講義を聴く日々が続きました
そのうち私が毎日出席して講義を受けていることが 学友たちに広まり ノートを借りに来る者も増えました
校門前の文具屋で 講義ノートのコピーが高価で販売されていましたっけ

一生懸命に出席し 講義を受けた結果 成績はともかく無事卒業することができました

トラウマというのでしょうか そのときの切迫感が脳に焼き付いていたのかも知れません
卒業して数年経ち 就職もなんとか出来て そんなことは忘れてしまってよい年齢になったころのことです

そう25歳をまわったくらいでした
夜中に もう駄目だ 間に合わない 単位が足りない 卒業できない
うなされて冷や汗をかいて目を覚ますのです
目を覚ましてからは 自分の年齢や 既に就職をしていることを思い出し
そのような心配をする必要が無いことに気が付くのですが
数日経ったある日 また同じ夢を見るのです 目が覚めれば安心できるのですが
このようなことが何日も続くこともありました

30歳を過ぎてからも 時々同じ夢を見ました
このような夢を見ることがなくなったのは 40歳を過ぎてからです


勉強を真面目にやっていないという罪悪感と自信のなさが 見させた夢だろうと思うのです
[PR]

by kazahana297 | 2010-01-25 00:09
2010年 01月 22日

水戸黄門

e0093336_15542435.jpg


自宅の南西に神戸地方裁判所がある
その前の通りを西に進むと ちょうど湊川神社があり その東門が見える
湊川神社の南側正門から入ると 少し進んだ右手に鳩の餌を売る露店があった
新聞紙を円錐形に丸めてこしらえた容器に餌を入れてくれるのだ
餌を撒くと面白いように鳩が寄ってくる 本当に楽しかった
子供の頃 父親に連れられてよく出かけたものだ
父は信心深い人で 松尾稲荷や清荒神様にも 良く私を連れて行ってくれた
鳩の餌を売る露店の奥の方には 水戸光圀公の像があった 子供の目には立派に見えた記憶がある

それは小学校3年生の夏だった
夜中に私は大声で泣き叫んだ 水戸黄門が 水戸黄門がやって来る
早く 早く逃げないと 踏み潰される 早く逃げないと

泣き叫ぶ私に気が付いた両親は どこに水戸黄門がいるんだ 夜中なんだぞ 静かにして寝るんだ
私は 楠公さん(楠正成公を奉っているので そう呼ばれ親しまれている)からやって来る
早く逃げないと踏み潰される ほら ズシン ズシンって足音が聞こえるじゃないか
もう この子は そんな音もしないし 水戸黄門が来るわけないじゃないか 早く寝なさい

そういっている間にも 裁判所の前を通過した水戸黄門は 湊川神社の東の塀をまたいで乗り越えたあたりから 
次第に巨大化しているのだ ゴジラよりでかい
嗚呼 もうだめだ 家ごと踏み潰される 早く皆で逃げなくては

泣き叫んで 疲れ果てた私は そのまま眠ってしまった
しかし 寝入った私の頭には ズシン ズシン と大きな足音が響き渡る
その夜 私は同じ事を言って3度両親を起こした

もう この子は 黄門様に謝っておきなさい

ゴメンナサイ 黄門様 もうしません 


実は 同じ夢を学生時代にも見ている
今から思うと 子供の頃に鳩の餌売り場の近くで見たリアルな水戸黄門の像と
映画で見た憤怒する大魔神が合体したのだろう 


ゴメンナサイ 黄門様 もうしません
[PR]

by kazahana297 | 2010-01-22 21:55
2010年 01月 21日

欲しかった車

e0093336_16212913.jpg



子供の頃に 1/24スケールのレーシングカーやプラスチックモデルで集めた憧れの車がありました
例えば ジャガーEタイプ  ポルシェカレラ6  エルバマクラ-レン  などなど

それは大人になって免許を取得し マイカーを所有できたある夜のことでした
白黒のパンダカラーのスプリンタートレノを近所のガレージに納めて帰宅した晩のことです
仕事に疲れていたせいか 食事を済ませて早々に床につきました
夜中に友人から連絡があり起こされました 車を出して出向かなくてはなりませんでした
ガレージに向かい 門の鍵を外して車を出そうとすると 様子が違うのです
同じ駐車場であるはずが 子供の頃に遊んだジャングルジムのようなもので細かく区切られているのです
自分の車を出そうとすると 周囲にある車に目が行きました
ジャガーEタイプ  ポルシェカレラ6  エルバマクラ-レン そう あの夢見た車がそこにあったのです
綺麗に磨かれたそれらのボディーは美しく輝いていました
その時 ガレージのオーナーが現れたので言葉を交わしました
凄い車ですねえ どなたのですか
何を言っているんですか あなたのではありませんか
えっ 私の
しかし こんなに狭い枠組みがあっては 出すことも出来ないじゃありませんか
なにをおっしゃるのですか 上手に車庫入れなさったじゃありませんか
グリーンの鉄柵の中に駐車された車は たしかに上手に納められている
しかし変だぞ サイズが少し小さいじゃないか いや 少しどころか1/3スケールくらいに縮小されて見える
妙な気分のまま 車たちには名残惜しかったのだが帰宅することにした
帰宅して父と兄に尋ねた
ガレージに いっぱい車があった 欲しかった車ばかりだったと
夢でも見ているんじゃないか そんなものがあるわけないじゃないか
そう言われても納得がいかない 再びガレージに向かった
先ほど縮小されたスケールであった車は 実寸で並んでいた
やっぱりあるじゃないか なぜ信じてもらえないのだろう
それにしても美しい車たちだ

同じ夢を それから2度見た
[PR]

by kazahana297 | 2010-01-21 19:31 | Panasonic DMC-LX1
2010年 01月 19日

帰路

 子供のころ暮らしたアパートの路

e0093336_13565961.jpg



自宅の2階で目覚める 父が腰掛けに乗って神棚を掃除している
階段を駆け上がってきて 父の手伝いをする姉 髪が長い 兄に面だちがそっくりだ
1階から大きな声がする 母の声だ

兄がいない はて

そうだ 先日父と兄と私で六甲山をドライヴしたのだった
兄は不幸にして谷底に転落したのだった それでいないのだ
でも 一緒にいた父と私がこうやって家にいるのになぜだろう
姉は生まれてすぐ 戦後の母の栄養失調が原因で他界したはずだ

奇妙なこともあるものだ 

目が覚めて しばらくしても この記憶が消えはしなかった

兄に夢で見たことを携帯で報告した あなただけが亡くなっていたと

兄は即答した

父さんも母さんも亡くなったじゃないか ましてや姉さんは生まれてすぐに亡くなったんだぞ
亡くなった人ばかりが生きている世界にお前がいるということは 私が死んだのではなくて
お前が死後の世界にいるということだ

短い夢だったが カラー映像で覚えている
[PR]

by kazahana297 | 2010-01-19 13:57
2010年 01月 12日

赤いギターに変えたのは なぜかわけでもあるのでしょうか

東海楽器製 セミアコ ES1 

非常に軽いセミアコースティックギターです
ギブソンES335dotの完全コピーモデルですが 本家より良い材とピックアップを使用しています
定価40万くらいのもので 実勢価格は29万8千円くらいです
注文生産品の最終ロットですので 20万という価格では 中古品しか入手できません


e0093336_1558193.jpg

e0093336_15585127.jpg

e0093336_15591067.jpg

[PR]

by kazahana297 | 2010-01-12 15:59 | In addition
2010年 01月 07日

七草粥

昨晩 近くのスーパーで七草を買ってきました
就寝前に 昆布でだしをひき しいたけを刻んで 米から炊きあげました
梅こぶ茶で味をつけ 粉寒天少々を加え 七草を入れてひと煮立ち

今朝いただきました おいしい こしらえてよかった ♪



e0093336_14454124.jpg


七草
[PR]

by kazahana297 | 2010-01-07 14:33 | In addition
2010年 01月 01日

初詣  松尾稲荷神社

待つお稲荷神社へ初詣に行きました ビリケンさんもいました

e0093336_20594313.jpg


e0093336_2101157.jpg


幼いころ 父に連れられてよく来ました 今思うと さほど広くは無いのですが 
父の姿を見失って 怯えた事を思い出します
[PR]

by kazahana297 | 2010-01-01 21:00